新生児や赤ちゃんにカイテキオリゴを飲ませるときのポイント

カイテキオリゴ 新生児

カイテキオリゴは、便秘に悩んでいる人に効果があるオリゴ糖の健康食品です。

 

店頭販売はしておらず、通信販売でのみ購入できるオリゴ糖なのですが、2012年時点で日本で一番売れているオリゴ糖だという調査結果が出ました。小さい子供からお年寄りまで、便秘に悩む人には安心して摂取できるオリゴ糖となっています。

 

カイテキオリゴは独自の「EOS理論」により、さまざまなオリゴ糖を組み合わせることによって効果をアップさせ、また実感が出来るようになったそうです。腸内で活動をする善玉菌には、それぞれオリゴ糖との相性がありますが、カイテキオリゴでは30種類以上の善玉菌がまんべんなく活性化できるので便秘に効果が現れるという訳なのです。

 

小さい子供からお年寄りまで飲める、と書きましたが、それでは赤ちゃんにはどうなのか気になるのではないでしょうか?

小さい新生児でも、便秘に苦しむことはあります。そんな場合には解消してあげたいと思うのは当然です。もちろん新生児でもカイテキオリゴを使用することは出来るのですが、それには気を付けたいポイントがあるようです。それは量の調整をちゃんとしてあげることです。

 

産まれたての新生児や赤ちゃんは

母乳を飲んで育ちますが、お母さんの母乳の中にはもともとオリゴ糖も含まれています。ですから通常の量を飲ませてしまうとオリゴ糖の過剰摂取となり、おなかが緩くなってしまう危険があります。

 

赤ちゃんは身体も小さいので、まずは1g以下の少量ずつ試してみるのが良いでしょう。

 

また母乳を作っているお母さんの飲むオリゴ糖にも影響されるので、母乳をあげている場合は赤ちゃんのうんちの様子を見ながらお母さん自身のオリゴ糖の量も調節しましょう。

 

全額返金保証

カイテキオリゴ 公式

 

 

>>赤ちゃんの便秘改善 オリゴ糖ランキング TOP