オリゴ糖で赤ちゃんの便秘解消と同時に下痢予防

一般的にオリゴ糖は便秘を解消するのに効果的であるという理由から、赤ちゃんに飲ませてよいものかと考えておられる方は少なくありません。もちろん、普通に市販されているオリゴ糖にも非常に多くの種類があるというのが現状です。

 

そのため、摂取に関して考えたい大事なポイントは、純度の高いもの、良質のものを選ぶということです。中でも効果的なものとして、乳果オリゴやガラクトオリゴ糖などがあります。

 

特にガラクトオリゴ糖は

母乳にも含まれているため、小さな赤ちゃんでも安心して摂取することができると言われています。これらは腸内にいる乳酸菌やビフィズス菌のえさとなって、善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えるという大事な働きをしてくれます。

 

このように純度の高い良質のものであっても、過剰に摂取すると下痢を引き起こすことがあります。その原理としては、一度にたくさんの量を摂取したことによって、腸内の乳酸菌が非常に活発に働くことになります。その結果として下痢をしてしまう場合があるというわけです。

 

しかし基本的に言って、オリゴ糖そのものに下痢を引き起こす働きがあるということではありません。乳酸菌の働きを活発にするという効果があるため、これまで腸内に蓄積されていた余分の老廃物がきれいに外へ排出されるよう促すことができます。

 

それによって下痢に似た症状が引き起こされるというわけです。このような場合、続けて摂取しているうちに徐々に症状が緩和され、自然なお通じになってくるため、それほど心配する必要はないと言えるでしょう。

 

もちろん赤ちゃんの様子を見ながら、摂取する量を減らしたり、場合によっては一旦やめてみたりするのもよいでしょう。

 

 

>>赤ちゃんの便秘改善 オリゴ糖ランキング TOP